浜松市中区高丘西の保育園、和敬愛育園・和敬第二愛育園。少人数保育で、愛情溢れるスタッフが、一人ひとりの子どもの個性・長所を大切に育みます。

スタッフ紹介

手作りおもちゃで嬉しそうに遊ぶ子どもたちを見ると、「今度は何を作ろうかな?」とわくわくします!子どもたちの笑顔を想像しながら、次の手作りおもちゃを考案中です!
東 由美(第三愛育園 園長)

一番幸せなことは、職員、保護者、子どもたち、園の環境に恵まれていることです。
少人数で保育をしているため、アットホームで家族のように感じます。「食」「栄養」「健康」にこだわっていることも、この園の魅力です。
稲垣 里紗(副園長)

毎日子どもたちからパワーと癒しをもらっています。日々たくさんの笑顔の中で過ごすことで、私自身も「発見・成長の大切さ」を感じています。
(保育士)

ひとりひとりの個性を大切に、小さな変化に喜びややりがいを感じながら、毎日楽しく保育をしています。
(保育士)

子供達に「今日の給食おいしかった!」と言われると、とても心が温かく嬉しい気持ちになります。これからも子供達を笑顔にできるような、おいしくて、安心安全な食事を提供します。
小野 真梨子(管理栄養士)

毎日残さずに給食を食べてくれる子どもたちを見て嬉しく思います。安心、安全で楽しく美味しい給食の時間となるように、愛情込めて給食を作っていきます。
松下 路予(調理員)

 

・年上の子が年下の子の面倒を見る。そんなことが当たり前の様にできる優しさあふれる子どもたちの中で楽しく働いています。
平野 明美(保育補助)

・子どもの成長のお手伝いができる喜びと、たくさんの笑顔に元気をもらっています。
野島 君可(事務員)

・子どもたちの日々の成長をすぐ側で見て感じることができて嬉しいです。「せんせー!」と笑顔で言ってもらって、毎日幸せです。
(保育士)

・スタッフが和気あいあいとして、お互い様精神で「あ、うん」の呼吸で保育ができていたり、常に子ども第一に考え、園全体で取り組む姿勢の強い園だと思います。
(保育士)

・0才児から2才児の日々の成長は、とても早く感じます。その貴重な時期の子どもたちのニコニコと微笑みが、毎日の活力を頂いています。この時期しかみれない成長は、とても素敵な事です。
(事務員)

・毎日、子どもたちの笑顔に癒されています。そんな子どもたちの笑顔のために、「最善の環境」ってなんだろう?と一緒に考える仲間もいる、アットホームな園です。(保育士)

・子どもたちと丁寧に向き合える少人数保育をしているため、アットホームな園です。降園時には、「先生、また明日遊ぼうね」と子どもたちから嬉しい言葉も聞かれ、毎日楽しく保育しています。(保育士)

・園の周りに公園がたくさんあり、季節・気温・子どもたちの体調や様子などで出かける公園を変え、のびのびと体を動かしながら楽しくお散歩をしています。毎回、小さな発見があったり、地域の方とふれあえたりするのも魅力です。春は桜が満開の「さくら公園」、秋はどんぐりや落ち葉がたくさんの「どんぐり公園」が、私のお気に入りです。(保育士)

・少人数ならではの、アットホームな感じがとてもいいです。毎日とても充実していて、給食もとてもおいしく楽しい職場です。(保育士)

・子どもたちとの日々は毎日が冒険!「今日はどんな事があるかな?」とワクワク・ドキドキです。その時の子どもたちの見せるキラキラした目が大好きです。(保育士)

・私は、和敬愛育園に就職して、まわりの環境のあたたかさを強く感じました。和敬愛育園に通っている子どもたちやその保護者の方、一緒に働く職員、また、公園や散歩に出かけたときの地域の方からのあたたかいまなざしは、とても優しく、子どもたちにとっても私にとっても安心できる場所です。(保育士)

・出産、育児を経験して親の立場になった時、もっと寄り添える保育士になりたいと思ったタイミングでこの園に入りました。子どもたち一人一人に寄り添う保育、子どもたちの体づくりのためにこだわった食事と食育。いろいろな角度から関わらせていただいて、本当に感謝です。(保育士)

・子どもたちの日々の成長を感じることが感動であり喜びです。保育士が一人一人の長所、短所に気付き、長所を伸ばす保育を心がけている点が素晴らしい園だと思います。(看護師)

・子どもたちの顔を毎日見れて、それぞれの笑顔がとてもうれしいです。(保育補助)

 

 

 

PAGETOP
Copyright (C) Wakeiaiikuen All Rights Reserved.